So-net無料ブログ作成
検索選択

バイオハザード ザ・ファイナル ローラのセリフ [映画]

シリーズ 完結!
遂に 最終章

(ネタバレ あり)


バイオハザード.jpg


「どうする?」
「全て 始末する」

私はアリス これが私の最後の物語


バイオハザード ザ・ファイナル

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演


最終章 
凄かったですよ!
とにかく 初めから 終わりまで
バトル バトル バトルの連続
一瞬たりとも 
気を抜くことは出来ませんでした

無駄な演出は 一切 無いほど
バトルは 壮絶に繰り広げられ
凄まじい アクション&シーンの連続でした


最終章も気になりますが
モデルやタレントのローラの共演も
話題をよんでいました




スポンサードリンク








あらすじ

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、
レッドクイーンから48時間後に
人類が滅びると告げられる
そして
宿敵アンブレラ社が放った膨大な数の
アンデッド(ゾンビ)が地上を占領
アリスはラクーンシティに戻り
生還したクレアやコバルトらと合流し
アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが・・・


内容は もちろんですが・・・

場面が 一瞬でもシ~ンと静寂し 
緊張感が走ると・・・

いきなりのぉ~~

ドカ~ン
ドキュ~~ン
ウォ~~~

のけぞる程の 驚きと衝撃がありました

次から 次へと 繰り広げる壮絶なバトルは
休む事を 知りません

ノンストップアクションとよく言いますが

本当に
始めから 終わりまで ノンストップです

今まで こんな映画はあったでしょうか?



スポンサードリンク








さすが 最終章
出すもの 全部出し切った感じでした

見事でしたよ! 圧巻でしたよ!


映画でアリスに問いかけるシーン

「結婚は? 子供は?」
  (こんな感じの言葉ですが)
アリス 
 「覚えていない!」
   
 「そんな バカな?」
アリス
 「目が覚めると ずっと走って戦っている」

この言葉が 凄く印象的でした



そして この言葉の意味することが
最後には 謎が 解け 
アリスを 失望へと・・・





15年間アリスを演じた
ミラ・ジョヴォヴィッチは
この映画の監督と結婚し 母となりました

今回の ミラが一番たくましく感じました
母なる力なのか?
パワーアップし 女性としての強さを
ビンビン 感じました
戦士そのものでした



話題の ローラですが


バイオハザード2.jpg


出番は かなり少なく 直ぐにDead!

ですが
戦士としての眼差しは 確かでした
セリフも一回ありました

アリスに問いかけるシーンで

「What are we gonna do ?」
 どうするの?

前回では 中島美嘉さんが出演し 
渋谷の交差点で
ゾンビになっていました


バイオハザード
 ザ・ファイナル 劇場でお見逃しなく!

スクリーンで見せる 
アクション&シーンは最高でした



スポンサードリンク









チャーのこれ知ってる?


お餅

お正月は お餅が大活躍!

海苔を巻いて手軽に食べたりしますが
ここで
わさび醤油にすると ピリリと
大人の 海苔巻き餅になります ^-^v


お餅をフライパンで焼いても美味しいです
(テフロン系のくっつかないフライパン)

両面 中火で4~5分
くっつかなく こんがり焼けます

最後にチーズをのせると 
とろ~りチーズ餅になります ^-^v

また
マーガリンやバターを最後に入れると
洋風お餅になります


宜しければ ^-^v


nice!(130)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

MX4Dスターウォーズ ローグワン 観てきました  [映画]

ローグワン スターウォーズ
MX4Dで観てきました

体感型 
アトラクション 3D映画です


ro-guwann.jpg


ro-guwann2.jpg



今回のローグワンは 
とにかく戦闘シーンが多かった!

MX4Dならではの迫力!

「 や~ よく 椅子が動きましたヨ 」

画面と連動しているので
ゲームのような世界観が 感じられます
(ちょとオーバーかな?)

ドカーン と爆破すると

ブシューッ と風が顔面にあたり
そして
ドーンと突き上げられるような振動

空中攻撃の時は 
椅子が右に左に 斜めに?
自分が 敵と戦っているように
視界が広がっていきます



のんびり
居眠りなんかは できませんよ~!^-^




スポンサードリンク








以前 
シンゴジラの時に MX4Dを体感しましたが
この映画は どちらかというと
会議室で戦っている という場面が多かったので
そこまでは 感じることはなかったかな?

ゴジラとの連動などなどでは
そこそこ楽しめましたが・・・


ローグワン MX4D おススメです






☆ストーリー☆


「エピソード4/新たなる希望」の少し前の話

今まで明かされていなかった謎が解け
ここで 繋がった という感じかな?


スターウォーズにそんなに詳しくない私ですが

・・・・^-^;


デス・スターの設計図を巡り
すさまじい戦いとなった今回の作品

父が設計にかかわったとされ
その調査を託された娘のジンが 
帝国軍に立ち向かおうとする仲間たちと出会い

彼らの思いに突き動かされていくジン
親子の絆、仲間との友情
そして正義
困難を乗り越えた先で
どんどんたくましくなって戦うジンの姿に
勇気をもらえるはずです

ローグワンでは 今までにないスターウォーズを
発見できるはずです





スポンサードリンク








感想

戦闘シーン 攻撃シーン 
とにかくよく戦っていました
後半の40分?くらいは 
とにかく見ごたえがありました

ロークワンは
日本の7人の侍をモチーフにしている
と聞いていました

なるほど・・・

雰囲気が ありましたね
キャラもそんな感じでした?

「7人の侍」のような
(観たことはありませんが)
戦士たちの美しくも 熱い友情が
感動をさそいました

親子の絆 友情 正義 

謎の解明や戦闘だけでなく
熱き心も感じられる作品だと思います




スポンサードリンク








でも やっぱり

最後に登場したダース・ベイダーが

赤いライトセイバーを振りかざしたシシーンは

ズキンと きましたね~

やっぱ これだな!って感じでした

今回は 
今までのキャラクターが殆ど出てこないので
少し 淋しい感じはありました


スターウォーズといえば
R2-D2 C-3PO 

ちょっと映ってくれるだけでも 嬉しいかったです

レイア姫は 時間の経過と共に
同じ方の(キャリー・フィシャー)出演は難しいので
CG?で作り上げたそうです

それでも 嬉しかったです


出演した俳優さんも素晴らしかったです

特に

盲目を演じたドニーイェンさんと
武者的な ベイズさんは
印象に残りました



・・・フォースと共にあらんことを・・・


フォースとは全能の力 特別な超能力





















nice!(83)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 と 豆乳ハチミツジンジャー 温まる [映画]

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ハリポタ新シリーズが幕開けしました


puffer_9.jpeg


私は 今日
新たな 魔法の世界を体験してきました



puffer_10.jpeg


主人公 ニュートを演じるのは
エディ・レッドメイン
彼は 大のハリポタファンでした
夢のような役を得たわけですね

エディ・レッドメイン
私の印象は どちらかと言うと

クールでダークなイメージが
正直 ファンタステイックな世界を
どうに演じるのか?
凄く 興味がありました

観るまでは もしかして 
ミスキャスト?なのでは?

と、までも・・・


ハリポタの世界
夢と冒険の魔法の世界

キャストと一緒に
夢の冒険を体験できるのでしょうか?

大人の、彼が・・・

34歳の、彼が・・


イギリスからやってきたニュート(主人公)が
魔法動物を逃してしまったことから街は大混乱
しかもその騒動は
魔法使いの悪行のせいだと言い出す人間が現れた
人間と魔法界は一触即発
魔法動物の 暴走
大迫力の魔法が 炸裂する


映画は始まった・・・

ニュート役の 
エディ・レッドメインの登場です

それは

予想を超えた彼の笑顔でした

のっけから
彼のあどけない表情に釘付けに♡

お~~
なんという 素敵な笑顔
お茶目で純真なその眼差しは
本当に あどけない少年のようでした

今まで
彼に描いていたものが
全て 吹っ飛んでしまいました

もう~
彼から目が離せません

映画も とても楽しかったです

魔法 魔法 魔法
ファンタステイックな世界が
どんどん 飛び出してきます
楽しくてたまりませんでした

ニュートが出会う
仲間も 心が温まる人たちばかりで
「ほっこり」
そして
魔法界のユニークな動物たち

何も考えずに
楽しく観られる映画です

子供から大人まで
魔法使いの旅に出かけられますよ

映画の中の音楽も 良かったな~~



エデイ・レッドメインについては
また 語らせて下さいね


心が温まった映画の話の後は

体が温まる話です


「豆乳ハチミツジンジャー」


先日 dryasが
朝 豆乳を温めて飲んでいます
と コメントを頂きました

そう~
それを聞いて思い出したのが
以前 
渋谷で飲んだ 豆乳ハチミツジンジャーです

結論
薄くて まずかった ^-^;
ハチミツの甘さも香りもなく
ジンジャーの 風味も薄っすら

dryasさんの言葉を 思い出し
自分で作ってみました

豆乳・ハチミツ・ジンジャー(チューブ)

カップに入れて レンジで チン

豆乳の自然な甘みに
ハチミツのコクと甘さが広がり
ジンジャーのピリッとしたスパイス

お店で飲んだ物より
断然 美味しかったです

豆乳ハチミツジンジャー

これって体にいい物ばかりですよね

寒い朝 体を温めて スタートしましょ!







足も温めよう






























nice!(145)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シンゴジラ MAX4D 観てきました [映画]

ゴジラ大好き 女子!

ゴジラの おたけびを聞くと
「うぁ~ 」と 力がみなぎる感覚があります

地を這う
天を裂く

あの ズ~ンと お腹に響く おたけびです

最近ゴジラ映画は ハイウッドに押されていましたが
映画『シンゴジラ』は 2004年公開の『ゴジラ FINAL WARS』以来
12年ぶりのゴジラ映画

ゴジラ.jpg

期待爆発です!
 
しかも今回は 私 初のMAX4D

アトラクション体感型映画です
座席数は100席
画面は 湾曲して とても観やすいです
座席からは 風 水しぶき 
足元からもカサカサと動くような空気
背もたれは ボコボコと 後ろから 突かれる感覚
座席は 前後に揺れる

そう 場面と同じ様に体幹が出来ます
臨場感と映画の迫力が一体化する感じです

ゴジラが暴れれば
座先も 黙ってはいないという 感じです

ただ
水しぶきの バサッ~ とかかる感じは
正直 好きじゃなかったです
顔が 濡れるのは どうも ・・・^-^;

スポンサードリンク





さて 映画ですが

いやいや
凄かったです
内容もゴジラもCGも ナイス!

ここからネタバレ 

映画が始まると いきなりのゴジラ出現!
これには 驚きでした
いままでの 映画は 
もったいぶって 来るぞ来るぞ!と気を持たせながら
ゴジラ でした
しかし いきなり ゴジラですよ!
この映画は 余分なストリーはありません

ゴジラ 対 人間の戦い それだけです

ですが 総理大臣の決断と 国を司る政府と総本部の
知恵の出しあい
責任のなすりあい
責任転換

今の政権を 目の当たりにしているようでした

キャスト.png


内閣総理大臣 大杉漣
内閣官房長官 柄本明
内閣官房副長官秘書官 高良健吾
環境省職員 市川実日子

主演
矢口蘭堂内閣官房副長官役 長谷川博己
カヨコ・アン・パタースン米大統領特使役 石原さとみ
赤坂秀樹内閣総理大臣補佐官役の 竹野内豊

まだまだ 大物俳優が次々と 画面に登場し
驚かせ 華やかにしてくれました
会議室での 小難しいやり取りが 多いのですが
テンポよく 話が進み
また 途中で クスッ と笑える風刺があり
面白かったです

スポンサードリンク






その政府内でのやり取りで
私が 一番 かっこいいなと思ったのは
防衛大臣役の  余 貴美子さんです
ズバッと発言し 総理に回答を迫るシーンは
爽快でした 気持ちが良かったです!

映画の最後の字幕に 小池百合子都知事の名前がありました
え?同姓同名?
いえ
小池百合子都知事の話を参考にしていたようです

まさしく 余 貴美子さんが演じたのは 
以前の防衛大臣 小池百合子都知事をモチーフにしたのかもしれません

ゴジラについて

冒頭から出現したゴジラの様子が 変でした
エ? これ? ゴジラ?

どんぐりまなこの奇妙な巨大生物
学者たちは それを ゴジラ とよんだ!
確かに 背中には イガイガのゴジラの背びれがありました

こんなのゴジラじゃな~い と
文句をつけたくなるありさま

しかし これは 進化前

ゴジラは 進化 するのです
第二 第三 第四と 進化し続ける ゴジラ
あの おたけびと共に 
あの昔ながらのゴジラのテーマ曲と共に

ジャジャジャン♪ ジャジャジャン♪
ジャジャジャジャジャジャジャン(^^♪

この辺りから 私の 
ゴジラへの ボルテージは 上がってきました

これこれ ~ !
待っていました 興奮です

数々の 空爆ミサイルを 食らっても ビクともしないゴジラ

ですが そこへ
アメリカのミサイル攻撃!!!!!

遂に ゴジラからドロドロした血液が 噴出
アメリカは やっぱり凄かった

しかし
そこからのゴジラの反撃が 半端ない

期待通りの それ以上の 猛反撃
背ビレからは いくつもの レイザー光線が 
放物線を描く様に夜空を駆け巡り
口から 吐き出す 炎は 地を張り巡らす

う・美しい~~

ゴジラ 全開 
もう 気持ちよくって 気持ちよくって たまりませんでした
しかし 
ゴジラの エネルギーが底をつき フリーズ状態に

このフリーズ状態の時に
解決せねばならない
もう これ以上 ゴジラを生かすわけにはいかない
最終手段では アメリカの核攻撃 決行!

なんとしてでも 日本は それを阻止しなければならない
何としてでも 解決策を投じ ゴジラを破壊しなければならない

結果
ゴジラの血液の凍結凝固

アメリカ軍のミサイル攻撃により ゴジラが転倒
その時
沢山のコンクリートミキサー車からの 凝固剤の投入
更には無人鉄道自爆運転により ゴジラ爆破
更に 凝固剤投入

ゴジラ マイナス196℃ 凍結 にて終結する
核攻撃は 寸前で阻止できた

東京に ゴジラは 凍結し 日本はゴジラと共に
生きなければならなくなった


スポンサードリンク






ここで面白いのは
ミキサー車や 山手線などの無人鉄道が登場し爆破したところです
かなり 原始的な方法で ゴジラに挑んだところは
面白かったです 
人間から 搾り出た 知恵の共演でした

私的には ずっとずっと ゴジラの暴れている姿を
観ていたかったので ゴジラ凍結は凄く 寂しく思いました

凍結したゴジラの長い尾には
人間の燃え尽きたような骨が現れていました
何を 意味していたのでしょうね?
今後の展開に 爪あとを 残したのでしょうか?

シンゴジラ
や~~ テンポもよく 面白かったですよ
ゴジラの動き(野村萬斎さん)と攻撃は文句なしにカッコイイ
出演者の顔ぶれも ワンシーン ワンシーンに 大物が顔を見せ
楽しかったです
ゴジラに破壊される 川崎 北品川 鎌倉 都内各所にリアル感が
あり 自分の街が 襲われているような気持になった
ゴジラによる ビルなどの 崩壊シーンは見事に演出されていました

シンゴジラ 大ヒット 上映 ! 
間違いなし です

初 MAX4D 体験も 楽しかった~~!^-^v




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

インデペンデンス・デイ:リサージェンス 観ました  [映画]

一部ネタバレあり


世界中で 大ヒットを記録したSFパニック映画
「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編です

イン.jpg

リサージェンスとは、一度中断していたことの再開の意味
前作のスタッフ・キャストが再集結し、
再襲してきたエイリアンとの死闘を繰り広げる映画です

監督は 前回と同様 ローランド・エメリッヒ
名前だけでは ピンときませんでしたが
作品を振り返ると あ~~ とうなずけるものが多いですね
他作品
ホワイトハウス ダウン
もうひとりのシャイクスピア
2012
紀元前1万年

スポンサードリンク






前作のインペンス・デイが記録的なヒットを遂げ
私の記憶の中には 凄かった! と刻み込まれています

ウィル・スミスが エイリアンの死体を
炎天下の砂漠の中をズルズル引きずりながら
辛そうに歩いているシーンは 今でも 覚えています

前作の懐かしいメンバーが顔を揃え期待感も高まります

前作を観ていないと ???

あれ誰? なんの役だったの?
と分かりづらい のところもありました
観ていた 私でも忘れていることがありました

映画の批評で 星の数が 少ない理由に
その辺の分かりにくさや 面白味にかけたところが
あったのではないでしょうか?


スポンサードリンク





SF映画
最近 この手のSF映画が多いですね
CG慣れをしているせいか
ちょっとやそっとでは 映像に驚かなくなっています

お決まりの
母船 空中戦 都市惨劇破壊 エイリアンの攻撃
屈指のCGを使い 迫力を魅せて(見せて)くれている

今回も 終始 かなりの大迫力の映像でした

凄い 迫力でしたよ!

でも もう ひとひねり が欲しかった!

お~~ と 言わせるような 
目を見開くような シーンは 無く 残念に思います

話の展開も 良くまとまっていましたが
え~~ そうなるの?
という 意外性が 感じられませんでした
どんでん返し 的な 驚きと裏切り 
やはり これは 欲しかったです
まさか・・・・?!
嘘~~ 
どこかで 期待していますよね

主演 
リアム・ヘムズワース
1990年生まれのオーストラリア俳優
『ハンガー・ゲーム』シリーズなどが代表作
ジェシー・アッシャー
1992年生まれのアメリカの俳優
ハリウッドでの主要キャストは今作が初となる新人俳優

前作の俳優さん達の濃いキャラの中 
今回 加わった新しい方々の存在感が 
薄いようにも 感じました
個性の演出が 薄かったのかな~?
そして
一人一人の 死に迫りくるような迫力の演出が欲しかったです


スポンサードリンク





出演者の中で目を引いたのは
中国人 美人パイロット 
アンジェラベイビーさん
初めて 画面に登場した時は 目が釘漬けになるほど
容姿端麗の りりしい美貌でした 
(中国資本による映画のためか 
配慮されている部分が幾つかある様です)

今回の インデペンデンス・デイ:リサージェンス
あれこれ 言ってはみましたが
劇場ならではの 迫力は ここでしか味わえないので
楽しめましたよ


映画は 次回を予想させる終わり方でした
さて どうなるのでしょうか?
又 楽しみにしています











nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レオナルド・ディカプリオ 映画 レヴェナント:蘇えいりし者 [映画]

レオ.jpg

注:多少 ネタバレ あり


レヴェナント:蘇えりし者

レオナルド・ディカプリオ アカデミー賞受賞


映画評価 ★ 3.71点


スポンサードリンク





個人的感想

期待を裏切らない 素晴らしい映画でした
以前から観たいと思っていましたが
ディカプリオのアカデミー賞受賞で
ますます 期待は高まっていた映画です

内容 
実話です
狩猟中に瀕死の重傷を負ったハンターが 
仲間に息子を殺され 荒野に置き去りにされる
そして 
復讐するために壮絶なサバイバルの中
生き抜いていく 
自然と人間との戦いでもあります

劇中の言葉
人間は 皆 野蛮である


スポンサードリンク





 
森閑としたの木立に流れる
清らかな水のしらべ
静寂の中
獲物を狙い ゆっくりと足をすすめる

一発の銃声から 一変し 物語は始まった

狩りをする
そして
その毛皮を奪うために
ハンターが襲われ
むごたらしく 殺されていく

大自然の中 人間同士の残酷な戦い


音楽が 特に 素晴らしかった!

坂本龍一の手掛けた音楽が 
臨場感を更に深めていく
それは
自然が鼓動しているかのように 息づき
観ている者を 深く巻き込んでいく

ドーンドーン と 
地べたを這うような音が鳴り響く
時には
天を包み込む様な壮大な音が こだまする
そして 
雪が解けて 水になる
繊細な音までも聞こえてくる

静寂 怒り 恐怖 雄大さ 激しさ 

セリフの少ない映画だが
音の一つ一つが語り 心に根付いていった

坂本龍一さんの音楽 あってこその
レヴェナント だと実感した


スポンサードリンク






ディカプリオ
壮絶なサバイバルと肉体を苦死した演技に圧巻!
息遣い ひとつでも 凄さを感じ
息絶え絶えに 生き延びていく様子は
恐ろしいくらいに 生々しく感じられた
これでもか と言うほど 
死に直面したすさまじい 人間の姿を
見事に 演じていたと思う
アカデミー賞 間違いなしの男優だと思った

ロケ地の極寒さも 大変だったと思う
場所は アルゼンチン 
個人的なレベルで寒さと戦い
撮影に必要な物資が運べる限り
寒さと戦っていた と言う

ディカプリオが
グリズリーと乱闘するシーン

これは 凄い見せ場でした
ドキドキハラハラ 
なんてものではありません
とても リアル感があり
息を飲むほどの すさまじい迫力でした
グリズリーの襲う姿は 本当に凄かった!
何度も 何度も おもちゃのように襲いかかり
その度に
ディカプリオの肉体は 削がれ
深く 傷を負っていく


上映時間 2時間36分 

過激な乱闘シーンや 
目を覆いたくなるような
肉体を駆使したシーンもありますが
時間を忘れてしまう程 見入ってしまいました


あの雄大壮絶な自然と
響き渡る音楽は 
劇場でしか なかなか味わえないと思います

満足のいく映画であり

おススメです

最後のカットは 
ディカプリオの 鋭い眼差し
とても 印象的でした 



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画