So-net無料ブログ作成
検索選択

オノマトペとは?問診の大切さと診断前の準備 [健康]

IMG_0611.JPG




オノマトペ とは


ものの音や声などをまねた擬声語
(ざあざあ、じょきじょき)
又は
状態などをまねた擬態語
(てきぱき、きらきら)

このオノマトペを上手く使うことにより
患者と医師との疎通がスムーズになり
医師は患者の状態を把握しやすくなります



問診する際に
「痛みを上手に伝える・聞き出すための工夫」として
約9割の医師がオノマトペを使用しているといいます
実は 患者の方も約7割が 意識せずとも使っていました



医師が問診でオノマトペを使う理由として

「患者から痛みの情報を聞き出しやすくなる」
「患者の痛みの表現から痛みの種類が推測できる」



スポンサードリンク上







痛みと患者のオノマトペの関係


侵害受容痛(炎症)ガンガン ズキンズキン
混合痛  ズキズキ ジンジン
神経障害  ピリピリ チクチク


痛みは感じかたで
どのような痛みなのかを知ることが出来ます



確かに 頭痛でも

ガンガン痛かったり
ズキズキ痛かったり

ドクドク 脈を打つ痛みだったり

目が飛び出るような痛さ というのもありますね


痛みをイメージすることは難しいですが
あらかじめ 
どのようなことを聞かれるのか分かっていれば
表現しやすくなりますね




スポンサードリンク中






一般的な医師の誤診率は 約30%

(思った以上に多いです・・・)

最初の診断が重要になってきます


ですから

困っている症状がいつごろから出てきたのか
今日までどのように変化して来たのか
問診の前に まとめておくことが 大切です

また
既往歴(これまでにしたことのある病気)の情報
特に 薬の情報は非常に大切です
お薬手帳などもありますね


医者に伝えられる情報量が多くなると
的確な診断に近づきます








tv 特ダネより

秋田県の方言

まぐまぐ
頭が重たく沈み込むような動揺性目まい

うるうる
周囲が回るような回転性めまい


方言によるオノマトペ 面白いですね






























nice!(107)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康